スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終日・鳥取砂丘

 23, 2010 23:11
ここに  と  がいれば、さばくそのもの。

鳥取砂丘


鳥取砂丘
この日もやはり猛暑  「砂丘は50度を超えるのでサンダル履きのかたや、帽子のない方は十分ご注意ください」と、熱中症の注意を呼び掛けるアナウンスを繰り返し係員の方たちが拡声器を使って呼びかけてました。
ですが、真夏以外なら是非素足でどうぞ!!

私も運動靴は履いていたものの、帽子をかぶっていなくて  でも、体力には自信があるし なんて甘っちょろい考えで出発してしまい・・・
約300メートルだったかな?一番大きな「馬の背」まで。
アップダウンがけっこう写真で見るよりきついんです。照り返しというか、とにかく下からもかなり熱気がくるんです。
半分も行かないうちに自信満々の体力に陰りが・・・ 砂丘って言ったって砂浜でしょ!くらいに思っていた自分が甘かった  
海なんて砂丘の入り口から見えっこない まさに砂漠。
砂の粒も細かいらしくて足がとられて思うように進めないんです。子供の足は小さいからそんなに沈まないので足をとられないんだとか。

駐車場前に観光案内所があって、砂丘の説明がジオラマやパネルで見られます。希望者は施設の方から説明もしてもらえます。(無料)そこで事前に情報を入れておくともっと楽しめると思いますよ。
結構こういうボランティアが観光地に最近多くなりましたね。有り難いことです 
どんどん活用して旅行を楽しめれば good 

足跡 砂丘
やっとの思いで頂上に到着  向かって奥が日本海になりますこの写真ではやはり分かり辛いですね、頂上から下までは約50メートルあるんです迫力ありますよー
だんだんとカメラの電池ものこり少なくなってきて最後にみんなの足跡パチリ きっとまた来るね
崖
駐車場前にはちゃんと足洗い場があって、砂を落とせるので安心です。
とにかく島根・鳥取は見どころが多くて回りきれてなくて残念なんですけど、それはまた次回のお楽しみに取っておきます。
何かね、近頃不意に訪れる場所がのちに通うことになったり、もう一度行く用事が出来たりするような気がして・・・
だからまた行くことになると思いますこうして足跡も残してきたしね


今回はかなり距離を延ばして約800キロ走り抜けた旅でした 
何より今回も無事に帰ってこれたことを嬉しく思う。

まだまだ日本もいいところが沢山あるので、私の旅もまだまだ続きそうでーす
宿も食事もケチケチだったのでおいしいご当地名物を食べませんでしただけどもうお腹いっぱいあそんで し・あ・わ・せ 


これで島根・鳥取の旅のレポは終わりです。
長々とお付き合いどうもありがとうございました


スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。