FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品展

 08, 2013 21:47
以前、知り合いと新城の陶芸家、鵬志堂さんのところで陶芸を体験してきました。
鵬志堂さんという方はとても不思議な方で、昔はお好み屋さんだったんですって

私と同じく作手に住みたかったんだけど、そちらではなく新城の日吉というところに土地をとりあえず買い、テント一つでそこへ住み始めたらしい。

地元の人たちは始め「変な人が来たな~」って近寄りもしなかったんだって。
昔は木の電柱だったでしょ?それがコンクリート製に代わり、不要になった電信柱を安く譲り受け、こつこつと家作りを始めると、それを見ていた近所の大工さんが「もー見ちゃおられん!!」って手を貸してくださるようになったそうです。
ほとんどただ同然で建てたという家は、森にとても調和した素敵な山荘と言った感じ
そう、森の中です

静かで、鳥や風の音だけが聞こえるところで土に触れ、自身と向き合う。
これぞ、スローライフ

ここの特徴は、自然釉といっていわゆる釉薬は使わずに焼き上げます。
高温で灰すらも燃え尽きることでガラス質の感じが作り出されるそうです。
自然釉ってそういうことなんですね
一般的にはコストもかかるし、手間もかかるので釉薬を使うんですね。

8月後半に名古屋の『ノリタケの森ギャラリー』で展覧会があったそうですが、そこへ私たちの作品も出展してくれていました
ブログに載っているので良かったら見てください!鵬志堂イサムの世界
私の2個上の方と一緒に作っていたんですけど、同じ粘土でこんなに違うんですよ~実に奥が深い!

今月中にまた行こうと思っています
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。