スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今宵は満月なり

 20, 2016 21:35
昨日までなんだか体調がすぐれませんでしたが、職場が吉方位だったからか昼ごろからはなんだかスッキリです!

というか、午前中がいかんのか


この4月から通所し始めた18歳の子の母親が興味深いことを教えてくれたのでシェア

食べ物の好き嫌いって誰でもあると思うのですが、私も結構なもんでして


たとえば、味噌。それも甘味噌系が全く好きになれないんですよ。

味噌汁は大丈夫!でもあんまり作らないかな

アレルギーは別もんですよ! あれ?でもある意味同じかもしれない。うまく説明できないけど。
これでも以前よりは、好き嫌いも減ってきたんですが・・・THE食わず嫌い


サトイモもダメだったな。田楽なんて全く興味ないですもん
でも、最近は出されたものは食べるようにしてます。
田楽が出たときは、完全に味噌をしごいてから食します うっすらみそ味~

でね、食べ物の好き嫌いって実はその人の人間関係や実生活に置き換えることができるんだって。


私みたいに本当はあんまり好きじゃないものも、厨房職員が作ったからって食べることができるんだし。

体裁的な?


あ、でもグリーンピースは全く駄目です。
これは色合いであってメニューにはほとんど出ませんが。
(心優しい職員が私のためにグリーンピース抜きの物を提供してくれてます) 


人間関係に置き換えると、本当は食べられるものかもしれない食品(自分で制限している人)を向き合おうともしないで、感覚的なことでどうせこんな感じの人でしょ?

まぁ ・・・
・・・今回はスルーでみたいな? 何とも傲慢な


自閉症の子なんかは、こだわりが強くて食べ物に関してもそうなんだけど、食感だとか見た目だとかで完全シャットアウトなわけ。すごく繊細だったりするから味覚も私たち以上に反応してるんだろうね。


でも、そこをなんとか始めに嫌いなものを食べるまでは好きなものを出さない!!とかって支援員が工夫すると食べられるようになったりするのですが、そうしていると生活にも変化が出るんだって。

着衣ができなかった子も次第に自分で脱ぎ着できるようになり、大声を出しては自己主張していた子も次第に落ち着きを取り戻したりすることが本当に起こるんだって。
さすが!障がいをもった親御さんのお言葉は重いです。

私も最近ですよ、好き嫌いせず食べられるようになったのは。

子供は好き嫌いがあって当たり前だし、無理に食べさせなくてもってどこか諦めみたいに思ってたけど、私も大人になり確かに好き嫌い言わず出されたものは食べるようになってから人間関係もスムーズに作られるようになったような気がする

そして自分の意見も自信をもって言えるようにもなった。

そして、私という人格がそのまま社会に反映される。

何とも興味深いですな~

見るからに無理!って思えても少しくらいかじってみてからでもいいんじゃない?
そしたらほら!案外イケるかもってなるかもしれないね

ゴーヤがそうだわ。

初めて食べたときは、二度とこんなもん食べるかーーー!!!!!!!!
って思ってたけど、出されてしぶしぶ食べてたら今では夏にコレなしでは生きられなくなってた
この2~3年はひどくて、ゴーヤゴーヤな生活です

そして一番よくないのは、やっぱ出されたからしぶしぶ食べるってことかも。

人に言われたから、みんながそうしてるからって人間関係は築いていけないだろうしね。

そうそう、粘膜って一番変化が現れるのが最後なんだって。

生物が腸から始まったとかそういう説を思い出すけど、だから好き嫌いを減らしたら花粉症が治るかもよ!時間はかかるけど。

全ての人に当てはまるとは限りません!!



ああ、思い返せば今の法人へ就職し

廻りは酒好きで

全く酒を拒否していた私は

今では立派な酒豪と成長いたしました  アホだ

大人になるにつれ、食べられなかったものが食べられるようにる(好きになる)のは、もしかしたら人間形成が進むにつれ趣向にも変化を及ぼすのかもしれないね。


おもろいわー、人間って本当に。







スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。